うさぎ屋のひみつ | 福井で1歳5歳姉妹子育て中食いしん坊の日記です。コメントお気軽にどうぞ。

赤れんがアート&クラフトフェスタin舞鶴

小浜に越してから近くは自転車で、遠くは車でと
全然電車に乗ってないのよね。
今日は久々に小浜線で舞鶴までお出かけしてきました。

小浜線は2両編成で、
基本1時間に1本しか走ってないのよ。
もし1本逃したらどないしよね。
近い人は一度お家に帰ったほうがいいかもね。

小浜線のドアはボタンを押さないと開きません。
駅に停車するたびにドアを開けると
冷暖房効率が悪いからなんだって。

この人も久しぶりの電車です。
R0025301


東舞鶴まで50分。車窓からみえる日本の秋な風景を楽しみました。
柿が実り、木々の葉もすこしずつ赤くなってきてるね。
残念なのが至る所にびっしりと
はびこる「セイタカアワダチソウ」。
あの邪悪な黄色ほんと嫌い。

駅についたらシャトルバスに乗り換えて会場へ。
自衛隊の海軍基地があるので、なかなか立派な船がたくさん停泊してました。
R0025319
R0025351


まずは「赤れんが博物館」へ行きました。
日本や世界中の建造物に使われたれんがが展示されてて
はじめはスーッと一回りしたんやけど、
受付で「これまさかホンモノですか?」って聞いたら
「すべて本物でございます」って。
それを聞いてもう一度じっくり見て回りました(笑)。
万里の長城に、サン・ピエトロ大聖堂、ベルリンの壁、
アウシュビッツ収容所、フォロロマーノ、銀座煉瓦街、
古いところではメソポタミアの楔型文字が刻まれた煉瓦っていうか石板なんてのもありました。

かつてこの石もだれかの手によって積み上げられ
その場所でおきたいろいろなことを見聞きしたに違いない。
もし石が口をきけるのならばほんの少しでいいから教えてほしいな。

ここの博物館、歴史に詳しい人やと絶対興奮するとおもうわ~。
歴史オンチなあいぽんでも軽く感動したもんね。

その後は舞鶴や全国のグルメをあつめた
屋台村へ行ったよ。海軍カレーに、
静岡県富士市発の「つけナポリタン」。
R0025323
R0025310

舞鶴あんぱん
R0025322

舞鶴「肉じゃが」コロッケ
R0025318

「肉じゃが発祥の地 まいづる」というノボリのはためく隣では
R0025316

「呉(くれ)発祥の地 元祖肉じゃが」のノボリが。
R0025317

調べてみたら肉じゃがの由来には諸説あるようです・・・・・・。

以下wikipediaより

発祥の地論争
京都府舞鶴市が1995年(平成7年)10月に「肉じゃが発祥の地」を宣言。
1998年(平成10年)3月に広島県呉市も「肉じゃが発祥の地?」
(最初に宣言した舞鶴市に配慮して"?"をつけた)として名乗りを上げた。

しかしながら資料が曖昧であり、最古のレシピが本当に舞鶴で作られたものなのか
他の鎮守府から伝わったレシピを書き写したものではないのかという論争が
決着していないため、両市とも大岡裁き的に「舞鶴・呉の双方が発祥地」としている。


ちなみに
海軍経理学校で1938年(昭和13年)に刊行された
海軍厨業管理教科書(舞鶴総監部保管)にのってるレシピはつぎの通り。

油入れ送気
3分後生牛肉入れ
7分後砂糖入れ
10分後醤油入れ
14分後こんにゃく、馬鈴薯入れ 
31分後玉葱入れ
34分後終了。

なんちゅうレシピ! 少々脱線しましたが、
その後同時開催のアート&クラフト展をのぞいてみたら
軽くて使い勝手のよさげなヘラ(ヒノキ)&おしゃもじ(マツ)が
あったのでいただきました。
あとは地元産の無農薬の紅茶にセロリ、万願寺とうがらしも。
R0025357


娘のお昼寝時間なので、
12時にはまた電車に乗ってかえってきました。
短いお出かけだったけど楽しかったよ。

スポンサーサイト
Category : 旅行
Posted by あいぽん on  | 2 comments  0 trackback

最近よんだ本

小浜のいいところって図書館がすいてる事だね。
読みたい本が貸し出し中ってことがまずないのがほんとにいいわ。
あいぽんが新刊にうといだけかもしれないけどさ(笑)。
嬉しくなっちゃって制限冊数限界まで借りるもんだから
あまりの重さに帰りは自転車よろよろさ。
それを手当たり次第読むのが楽しいったらない。

好きな作家さんや料理研究家の本を借りるんだけど
今回珍しくこんな本も借りてみました。
今昔物語集 (日本の古典をよむ)
今昔物語集 (日本の古典をよむ)
クチコミを見る

今昔物語集に収録されている話を抜粋して
いくつか紹介してくれているの。
はじめに現代語訳があって次に古文が掲載されてるから
しんどければ古文の方は読み飛ばしちゃえるシステムです。

先日学校で暇にまかせて(こらこら)
読んでみたら面白くて止まらなかった。
陰陽師「安倍晴明」のお話もあったな。
1000年近く前に書かれているはずなのに
人間ってイヤになるほどかわらんもんやねんなぁって。
自分も身におぼえがあるようなあるあるネタが満載。

例えば、信州に赴任していた超ケチの役人が、任期満了で
京都に帰る途中馬と一緒に深い谷に落ちてしまったんやけど、奇跡的に
どっかに引っかかって助かり、部下にカゴを降ろしてもらって、引き上げてもらうことにしたんやって。
人が入ってるはずやのにカゴがやたら軽くてみんな「??」って思ってたら
上がってきたカゴにはキノコだけがぎっしりと山盛り入ってたの。
再びカゴを降ろしたら次はずっしり重くて、今度はおっさんもちゃんと上がってきたんやけど、
腕にキノコを3房抱えて上がってきたんやって。
さらに「まだ下のほうに一杯あったのに」って悔しがる始末やったらしい。
それに周りの人はドン引きしたって話。
気がつかないうちに自分もこのおじさん化してないとも限らんね(笑)。

こんな話がたくさん収録されているので、
是非機会あれば読んでみてね。

Category : 小浜生活
Posted by あいぽん on  | 4 comments  0 trackback

芋畑で脱力体験@北潟

先週末、義両親とうちの家族で、
親戚のはじめちゃんが北潟湖の近くで趣味でしてはる畑に
さつま芋を掘りにいきました。
はじめちゃんいわく、収穫のタイミングは1ヶ月前が最適だったそうな。
早くいかな大きくなりすぎるよと言われてたんやけど
なかなか予定が合わずで・・・・・・。

R0025242


見渡す限り一面の畑に、ところどころ風車がにょきにょき。
ひとっこ一人いやしね~(笑)。
R0025243


みんなジャージ長靴姿に首にタオルをまきスコップ、鎌をもって
準備万端。「さぁほるぞ~」って意気込んでいます。

でも、不思議なことにはじめちゃんに聞いた場所で、15分くらい
ツルをかきわけてさつま芋色の茎の真下を掘っても掘っても
全然いわゆるお芋が出てこず、あるのは糸のように細い
お芋ばかりなの。
R0025269

義父が「きっと早く掘らんかったから、芋が溶けてなくなってしまったんや」って
義母も「そうやわ茎に栄養がうつってしまったんやわ」って。
「溶ける??? そんなん聞いたことな~い」
でも状況的に確かに、そうとしか考えられないよね。

しょんぼりと帰る前に念のためはじめちゃんに電話をしてみたら
電話口で「溶けた!?そんなはずない」って狼狽気味。
そこで義父が綿密に場所の確認をしたら
な、なんとあたしたちがせっせと掘ってた場所は1ヶ月前に
収穫した芋づるの捨て場だったの。ホゲホゲ~オトウサン。
これまたよくできたドッキリみたいに
捨てられたツルが再び根付いちゃってて
細いお芋まで出来ていたから本当に気がつかなかったのよ。

他に誰もいない畑に笑い声がこだましました。
「芋が溶けるわけないよね(大笑)」いい大人が完全に勘違い。

改めまして・・・・・・
おばあちゃんと一緒にお芋掘り
R0025251

とったど~

R0025252

こんだけとれたぞ~
でも腹立つ&器用さに驚くことに、卑しんぼのキジが土の中にくちばしを入れて
手当たり次第にお芋をつついたようで、
掘っても腐ってダメになっているのが結構多かったの。
一つ食べきってから他のに手を出せよ。
絶対桃太郎に言いつけたるからな
R0025261


家に帰って土鍋で焼き芋をつくりました。
さつま芋をより甘くするには電子レンジなどで一気に加熱するよりも
ゆっくりと70度前後で長時間熱を入れたほうがいいって学校でならったよ。
確かに甘くてほくほくねっとりで美味しかったです。
R0025270


さつま芋たくさんもらってきたから、早くたべないとね。
あいぽんの周りはみんなお芋をもてあましているらしく、あげると言っても
「いらんっ」ってつれないご返事。

意外と低温によわく10度以下になると傷むらしい。
1日外において泥を乾かしてひとつずつ新聞にくるんで
ダンボール箱につめました。
このお芋でいろいろつくりたいと思います。

Category : うちごはん
Posted by あいぽん on  | 4 comments  0 trackback

パエリアな夕食

R0025227
先日の夕食です。
朝からパエリアっていうかサフランの匂いをかぎたくて
独断で決めました。
「チューボーですよ」のレシピ本を参考に
どこぞの巨匠の真似をして作りました。
巨匠が必要とおっしゃるものは、出来る限りそろえましたが、
そこはあいぽんのこと、
あさりがなくてハマグリやったり、レモンがなくて
かぼすやったりと間違い探しみたいなことになってますが、
まぁおいしかったよん。

飲み物はスペインつながりでこれ。
世界で最も予約が取れないレストラン「エルブジ」(閉店しちゃたらしいが)のシェフが
考案されたビールです。
ベルギービールみたいな風味よ。
コリアンダーとかオレンジピールがはいっているそうな。
ラベルも素敵でしょ。
R0025220


リストランテAで以前のんであまりに美味しいと
マミーがお取り寄せしたのを一本もらったんだ。

いまはスペインに行くことはなかなかできないけど
いつか行ってやるぞと
食卓で思いをつのらせています。

Category : うちごはん
Posted by あいぽん on  | 6 comments  0 trackback

カレイの干物作り

小浜の市場にちょこちょこ通っては
観光客向けじゃなさげな
ちびちび笹ガレイをゲットしてます。
価格は10匹300円ほど。
この季節小浜の町をちょっと歩けば家の前に
魚を干している光景をよくみかけるよ。
あいぽんも真似して作ってるよ。

この間あいぽんマミーとマミーの妹が小浜に
遊びにきたときは「やるやる~」と一緒に
干物づくりを手伝ってくれたよ。
R0025210

簡単に出来るのよ。これが。

1、うろこをこそげとる
2、えらの下をキッチン鋏でちょきっとして内臓を搾り出す
3、塩をして網で干す
4、表面が乾いて半透明なかんじになれば出来上がり
R0025217


そのまま焼いて食べるもよしやし、(小さいから手づかみで食べちゃいます。)
こないだ天ぷらして衣があまったので
つけて揚げてみたら干して水分が飛んでてすぐにからりと
揚がってこれまた美味しかったどす。
R0025223

Category : うちごはん
Posted by あいぽん on  | 0 comments  0 trackback

ご機嫌ななめはまっすぐに

1b081e7d.jpg今日はなんだか朝からご機嫌ななめでした。昨日ある人に言われた一言が頭をぐるぐるしちゃって。昨日は夫に「ねぇちょっと聞いてよ」と小学生みたいにカバンを放り投げて、悔し涙にじませながら話してみたら、夫が話の要点を整理してくれて、なるほどそういう意味の発言やったんかもなと、だいぶ心が落ち着いたんだけど(こういうときこの人の冷静さは助かる)。気分が変わるかなと海に来てみたよ。買ったミルクティを娘に奪われてしまったんだけど、「おいしいなぁ」と缶の中に響いて聞こえるくぐもった声が可愛いからよしとしましょう。お魚が跳ねる三連発も見れたし、でっかい流木も海に投げ込んだし。夕焼け空見ながら背伸びしたし。よしとしましょう。
みんなの明日がよい1日になりますように。

Category : 子育て
Posted by あいぽん on  | 4 comments  0 trackback

水魚

小浜にスーパーは数あれどあいぽんは
断然Aコープ派。他のスーパーが民放だとすれば
ここはNHKってかんじかな。品揃えは堅実でおもしろみがないっちゃない。
あいぽんも最初はそう思ってた。
でも、探せば結構面白いものがいろいろ売ってるんだよ。
ほらNHKも意外とドラマ面白かったりするやん。

地元の生産者が作った野菜の直売コーナーなんかは
野菜の値段が全国的に高騰しているときでも
影響はなく、ネギ100円とかきゅうり3本150円とか
主婦としては重宝しております。

ただおつとめ品は「これはもうくさっとるやんけ~」って
コバエぷーんみたいなものが並んでるよ。
そういうお見切りベタなとこは残念なんだけどね。


小浜で朝とれた魚を買えるのも魅力のひとつ。
だから他の地域ではあまり見たことがない魚をみかけることも。
こないだはこんな面白いお魚をみかけて買ってみました。

R0025168


白目がでかくて、半透明の体してて、触ったらぷるんぷるんで、
まるでくずまんじゅうみたいなの。水魚という名前でした。

調べてみたら日本海側でしかとれない深海の魚なんだって。
正式名は「野呂玄華(のろげんげ)」由来は動きがノロノロしているため。

「ゲンゲ」「ゲギョ」「ゲンギョ」とも呼ばれ
富山県では「トギ」、「ドギ」
秋田県では「スガヨ」
と呼ばれているそうな。

干してたべたりもするらしいけど、お鍋にいれました。
やっぱり見た目どおりのプルプル食感でした。意外と骨が
鋭かったよ。
こんな不思議な食材との出会いもあるし、
これからもあいぽんはAコープ派でいきたいと思います。

Category : うちごはん
Posted by あいぽん on  | 4 comments  0 trackback

琴欧洲にであった@小浜

10月8日、9日は小浜で食のイベントがありました。
地元小浜の魚や、福井の蕎麦に
B級グルメなどなどたくさんの屋台が
ならんでいました。
うちの専門学校も屋台をだしたのよ。
R0025114


そのイベントの一環で、来年行われる小浜場所のPRで、なんとスペシャルゲスト「琴欧洲」が。
ちょうど移動されるところで、目の前をとおりすぎはったので、
えいっと厚かましく手をにぎったらグローブみたいに
大きくて分厚くてびっくりしちゃった。身長は2メートル以上あらはるんやってさ。

「14時から餅まきやって」と面白そうな話を耳にしたので
行ってみたよ。もう既にすごい人でした。小浜ってこんなに人いたんやって思いました。
特設ステージの上に大関が上がって、偉い人たちのご挨拶があって、いよいよ
餅まきのスタートです。黄色いハッピをきてはるのが小浜市長です。
しゅっとしたはるでしょ。
R0025150


大関や付き人のお相撲さんや市長やえらい人が、お餅をステージの上からばんばん投げるよ。
R0025160

投げるたびに客席はこんなん。
R0025159


行ったのがおそかったので、そんなに前にはいけず。
一度お餅が飛んできたんやけど、目の前で長身のおじさんに
片手キャッチされたよ。
お餅の部が終わったら次はお菓子の部。
四角いお菓子の箱がいくつも空中を飛んでいってはキャッチされるのよ。

嬉しいことに、最後の方でなんと飛んできたチョコが夫の手の中にスポンっとおさまりました。
隣のおばあさんがまじでくやしそうでしたが、
直後にチェルシーをキャッチしはって笑顔こぼれてました。
R0025162

はじめての餅まき体験、なかなか愉快でした。
いつかなんかのコネを駆使して(ないですけどね)投げる方もやってみたいと思いました。

Category : 小浜生活
Posted by あいぽん on  | 2 comments  0 trackback

栗拾い@マキノピックランド

誕生日当日何をしたいと聞かれ、
迷わず「栗拾いしたい」と答えたよ。
なんかこうお手軽に充足感を得られそうじゃない(笑)。
というわけで小浜から車で走ること1時間30分くらいかな。
滋賀県のマキノピックランドへ行きました。

広い敷地に栗の木がずっと奥のほうまで生えてます。
R0025065


入り口でネットをもらったら、あとはご自由にという感じでした。
栗林の中を親子3人で歩き回りました。
落ち葉を踏み分け、目を皿のようにして大きな栗を見つけては拾いました。
みたこともないような大きな栗がごろんごろん落ちてたのよ。
時々大きくても虫の開けた穴があいてたりカビてたりするのがあるのでよく見ないとね。
R0025034

R0025062


こんだけとったどー~。
と笑顔だった娘が飽きてじれるくらい栗拾いに熱中してしまいました。
出口のところで計ってみたら、持ち帰り制限の一人1キロを軽くオーバーしてて
ボッシュウトされました。ネットの口が閉まらないとダメなんだって。
チックショー(小梅太夫っていたよね)
R0025052


拾いに拾ってお手軽に充足感を得られたはいいけれど、
家に帰ってからが一苦労だったわ。
今回は栗の渋皮煮をつくろうとおもったんだけど
これが手間がかかること。渋皮を傷つけないように栗の皮を
剥くのが大変。お誕生日をふりかざし、夫にも手伝ってもらって
1時間くらい二人で格闘してようやく剥けました。ふぅ。

渋をぬくために何度も茹でこぼすのも大変。
栗の甘露煮とか買うと高いわけがわかります。
渋皮煮はブランデーをきかせて美味しいのができました。
ちょびちょび大事に食べようと思います。

他にも、栗ご飯にしたり、
R0025089

栗と鶏のパスタを作ってみたりいろいろ楽しんでます。
R0025104

栗拾いたのしい!
これから秋の定番行事になりそうです。

Category : うちごはん
Posted by あいぽん on  | 0 comments  0 trackback

悲哀のリレー

あたくし、こないだお誕生日をむかえました。
三十路に足を踏み入れて1年。
誕生日前日に自分の年を自覚するできごとがありました。
なんの因果か地区別対抗の運動会のリレーで走れというお達しがきました。
うちの地区は高齢化が進んでおり、他に人を選ぶ余地がなかったんやろうね。
一応公平を期するためか、一緒に走る走者は年齢別になってて・・・・・・。
つまり全員30代の女性ね。
運動はとても苦手。高校卒業以来おもいっきりグラウンドを走ったことなどない!!。
でもまぁ三十路界では新参者だし、強みは若さと思ってたわけよ。
とくになんの準備もせず当日を迎え、ジーンズで出かけようとするのを夫に止められるくらいの
気抜けっぷり。現場にいってみたら、みんなジャージ姿でやる気まんまんよ。
裸足の人とかもいて一気に緊張が高まったよ。
小学校の広いグラウンドを半周もするなんて聞いてませんしっ!!。
ヨーイドンで走り出した瞬間、みなさん割と早いことに動揺した~。
その時点であいぽん7人中4位ね。で、一人抜かしてみたりしたんやけど
最後の20メートルくらいで突然足が全く動かなくなって
気がついたらおもきし転んでたよ。ズボンの両膝が破れて血がでたよ。
なんとか起き上がって次の走者である夫にバトンを渡したんやけど
夫とて挽回するほどの運動能力はなく(似た者夫婦なのね)
うちの地区は結局びりでした。ああ申し訳ない。
地区の人の「大丈夫?」という労わりがかえって辛かったっす。
バナナとかジュースとかいっぱいもらったっす。

「気持ちは前にいくんやけど、体がついていかない」
初めてそんな経験をしました。
実はここだけの話めちゃくちゃショックやったよ。
でも、来年は頑張るぞではなく、来年は断るぞという心境です(これだから(笑))。

夜は夫がリストランテAを予約してくれていたので行ってきました。
前菜はカワハギと冬瓜でした。
R0024997

トマトにモッツァレラチーズがたっぷりの一皿。
R0025000

あさりとトマトのスパゲティ。
R0025001

ポルチーニ茸と魚介のリゾット
R0025006

生のポルチーニ茸がふんだんに使われてるんですって。
R0025004
そして大好きなラム。
R0025009

お店の方の好意でケーキも出して
いただきました。
R0025020


これだけ頂いて、お腹もぽんぽんになり、
お店をでるころには凹みも
すっかり回復していたのでした(これだから(笑))。
出来ないことを嘆くより、自分が好きなことを頑張ろうっと。

Category : うちごはん
Posted by あいぽん on  | 6 comments  0 trackback

とも来る@実家

それからうちの実家へ。

友達はあいぽんマミーのつくるご飯を
とても楽しみにしてくれていたのでした。
まずはビールでかんぱーい。
R0024875



R0024878

かつおのたたき、鱧と松茸のフライ、松茸ご飯、ピーマンの丸炊き、茄子のにもの
金沢地野菜の金時草のおひたし、お茄子ときゅうりの浅漬けなどでした。

そして10年ちかく前、友達が遊びにきたときにもマミーが出したという「松茸の土瓶蒸し」
なつかし~といいながらふぅふぅ飲んでくれました。
CIMG0577

夜はこんなん
R0024881


イケアのミートボール用チーズソースミックスがあったので
ミートボールを作ってイケア風にリンゴンベリーのジャムを添えました。
R0024882


デザートはマミーとっておきの「御影ダニエル」の「カヌレ」
R0024885

あいぽんがここのカヌレ美味しいよって教えてあげたのに
そんなことは忘れて、ここのは絶対美味しいよって逆に強くおすすめされました(笑)。
でも本当にそれくらいおいしいんです。まだの方是非たべてくださいね。

久しぶりに会う友達と久しぶりに食べる母の味で
すっかり充電されたお休みでした。

Category : うちごはん
Posted by あいぽん on  | 2 comments  0 trackback

箕面のおしゃれカフェ

先日実家に帰ったとき、京都からお友達が京阪のっておけいはんになって
遊びにきてくれたよ。1年近くぶりに会うから、前の日からとてもたのしみにしていたの。

一緒に「サルンポヮク」というカフェへいきました。
R0024858

R0024861
R0024865

ジブリ映画に出てきそうでしょ。

この箒はキキのんかな?
R0024859


運転は夫に任せて、女二人再会を祝して箕面の地ビールでかんぱーい。
夫すねるも関係なーし。娘もマイペースにおつまみの豆をぽりぽり
たべてましたよ。
CIMG0548

CIMG0544

Category : 外ご飯
Posted by あいぽん on  | 2 comments  0 trackback

奈良のおでかけ 続き

だいぶ日があいてしまいました。
なにせ秋はイベント続きでなにかと忙しく、更新が滞ってしまって。
ごめんなさいね。

さて記憶をたぐりよせて奈良訪問記のつづきを。

公園で鹿と戯れた後、ちょこっと奈良ホテルを見にへいったのでした。
箱根の富士屋ホテルとおなじく、いいかんじに年を重ねた建物でした。
R0024815


ポストも素敵ね。
R0024812

やんごとない方々もたびたびいらっしゃるらしく写真が展示してありました。

そして、奈良最後に立ち寄ったのが「くるみの木」というカフェ。
R0024837
R0024838

さりげないけど、お店の内装も、お皿もお庭も一本筋のとおった美意識が
はりめぐらされた空間でとても落ちつきました。

R0024829


併設の雑貨屋さんで
R0024900

手作りケチャップと竹のおはしと、持ち手に蔓が絡みついたお玉を
購入しました。
ケチャップは甘口で、既に半分くらいしかないよ。おはしは先がとんがっているので
気の張る盛り付けの時に、息を止めながらつかいます(笑)。お玉は
お鍋の時に登場させようと思ってまだデビューさせてません。

また是非行ってみたいとおもう場所でした。

Category : 旅行
Posted by あいぽん on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。