うさぎ屋のひみつ | 福井で1歳5歳姉妹子育て中食いしん坊の日記です。コメントお気軽にどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by あいぽん on  | 

八百比丘尼

人魚


今日は夫と娘と町をぶらぶら散歩しました。
まずはこれまた前から気になっていた
「八百比丘尼」入定の地へ。

八百比丘尼って何かわかる? 以下wikipediaによると

八百比丘尼(はっぴゃくびくに、やおびくに)は、日本のほとんど全国に分布している伝説。地方により細かな部分は異なるが大筋では以下の通り。

若狭国のとある漁村の庄屋の家で、浜で拾ったという人魚の肉が振舞われた。村人たちは人魚の肉を食べれば永遠の命と若さが手に入ることは知っていたが、やはり不気味なためこっそり話し合い、食べた振りをして懐に入れ、帰り道に捨ててしまった。だが一人だけ話を聞いていなかった者がおり、それが八百比丘尼の父だった。

父がこっそり隠して置いた人魚の肉を、娘が盗み食いしてしまう。娘はそのまま、十代の美しさを保ったまま何百年も生きた。だが、結婚しても必ず夫に先立たれてしまい、父も年老いて死んでしまった。終いには村の人々に疎まれて尼となり、国中を周って貧しい人々を助けたが、最後には世を儚んで岩窟に消えた。


なんだってさ。そういや海岸には人魚の像があったわな。
そしてその人が入ったという岩窟が小浜の空印寺にあるというわけ。
いままでちょっと恐くてきたことなかったの。
でも、突然現れたこのお間抜け看板で一気になごむなごむ。
にんぎょ


早速試すも娘顔小さくていまいちはまらず。。。夫が肩車しております。
ほらあな

洞穴はこちら。中には入れないようになってました。勿論入らないけどね。
白椿が好きだったとかで、洞穴のまわりにたくさん植えられて綺麗な花をつけていました。

こういう伝説が発生して現代までこの地に残っている意味がきっとどこかにあるはず。
それが何なのか知りたいよ。
単に「怪しいものは食べるな」って教訓だけじゃないよね。

関連記事
スポンサーサイト

Category : 小浜生活
Posted by あいぽん on  | 6 comments  0 trackback

-6 Comments

奥様も興味津々 says..."No title"
高橋留美子(「うる星やつら」とかの作者)が描いた「人魚の森」というマンガが好きなのだけど、この記事読んで、もしかしたら八百比丘尼が元ネタかもしれないって思った。

機会があれば読んでみてね(^-^)
2011.04.06 16:04 | URL | #79D/WHSg [edit]
あいぽん says..."No title"
>奥様

ありがとう。是非よんでみるね。

あとねほかにもおすすめ漫画あったらおしえて。
2011.04.06 19:06 | URL | #79D/WHSg [edit]
奥様のオススメ says..."No title"
私にマンガの話させたら止まらないよ~。

子供の頃から好きなマンガとかもあるけど、とりあえず最近のオススメはこんな感じです。



・「蟲師」(むしし) 作者:漆原友紀

妖怪のような虫を操ったり退治したりする蟲師のお話。

日本昔話的な不思議なお話。オダギリジョー主演で映画にもなりました。



・宇仁田ゆみのマンガ

→独特の間合いとか、キャラクターが好き

「よにんぐらし」…ほのぼのファミリーマンガ

「うさぎドロップ」…連載中。今年アニメ化、映画化されます。

「トリバコハウス」専門学校生とOLさんの恋愛話なのだけど、主人公以外にも色々なキャラクターが出てきて、あ~こういう人いるよなあって思ったり、共感したり。

http://unita.txt-nifty.com/diary/



・谷川史子のマンガ

→昔は高校生が主人公の青春恋愛マンガ中心だったけど、最近は大学生~OLさんとか大人の恋愛を描いていて、その雰囲気が好きなので、最近発売されているコミックから読むことをオススメします。

「積極」とかはあいぽんに教えて頂いた「センセイの鞄」みたいなお話です。

webで試し読みできるみたい。

http://www.s-manga.net/author/fumiko_tanikawa.html
2011.04.06 20:47 | URL | #79D/WHSg [edit]
あいぽん says..."No title"
>奥様すごいわ。

そんなにおすすめがすらすらでてくるって。

あいぽんびっくりよ。「積極」さっそくためしよんだよ。

もうちょいよませてくれんかねぇ。

漫画好きの友人も「蟲師」おすすめしてたわぁ。

かりてみようかな。でもその子漫画をよむときは手をあらったのち

正座するらしく、うっかり折り目をつけた日には

顰蹙かうからな~。
2011.04.07 18:51 | URL | #79D/WHSg [edit]
奥様は話がまだ続きます says..."No title"
他にも「蟲師」好きな人がいて嬉しいわ。

谷川史子、デビュー作からほぼ全部揃えていたのに、実家に置いておいたら母が勝手にブックオフに出してしまった



あと書き忘れたけど、大島弓子のマンガもおすすめ。

ちょっと不思議で切ないお話が多いの。「つるばらつるばら」「秋日子かく語りき」とか。

あとタイトル忘れたけど、登場人物の外見がみんな精神年齢で描かれるお話があって、小学生の男の子が主人公なのに大人の男性で、おじいちゃんは赤ちゃんで、両親は子供で…という設定でお話が進んでいくの。それが一番印象的なマンガかなー。

機会があれば大島弓子も読んでね。
2011.04.08 21:27 | URL | #79D/WHSg [edit]
あいぽん says..."No title"
>ふむふむ奥様

せっかくのコレクションをブックオフ出されたんだ。

それはかなり悲しいね。

わたし、大島さんの漫画もほかのも素通りしていつのまにやら

大人になっちゃった。いまからだけど間に合いますでしょーかね。
2011.04.09 17:15 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://aiaiaiai106.blog.fc2.com/tb.php/658-832c8b5a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。