うさぎ屋のひみつ | 福井で1歳5歳姉妹子育て中食いしん坊の日記です。コメントお気軽にどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by あいぽん on  | 

放生祭レポート

この週末は若狭地方最大の秋祭りである「放生祭(ほうぜまつり)」がありました。

去年夫が不注意から山車に足をひかれて複雑骨折しちゃったあの祭りだよ(笑)。
このお祭り結構歴史が古く、300年前から行われていたそう。
祭り当日には、江戸時代に小浜城下の町人町の範囲だった24の区が
「神興」「山車」「神楽」「大太鼓」「獅子」といった演し物を披露しながら
小浜の町中を練り歩きます。
BlogPaint
BlogPaint
BlogPaint

普段なら24区中12区が出番になって、もう半分はお休みなんやけど、
今回は20年に一度の全地区が参加する年にあたっていたため去年より華やかでした。

あいぽんたちの区は、「山車」ですが、
元花街だけあって、 女が主役の「女山車」。
楽器は太鼓、かねのお囃子に地区の人が弾く三味線。
そしてこれが大きな特徴なんだけど、
山車の前方で女の子、男の子が一人で1曲踊りはります。
4歳の子であっても、お化粧をしてお着物をきて踊る姿は「女」です。
BlogPaint

R0024639
R0024706

この踊りが平成のご時世にも関わらず
むっちゃ時代を感じる選曲です。
「忠義桜」とか「紙人形」とか渋すぎるっ。
出番まちの間、子供たちは着物姿でDSをしてるのがギャップありましたわ。
ご近所のおばちゃんやおじちゃんたちもみんなその昔、山車の上で踊ったんやって。

踊り子の着付けも、お化粧も、お囃子の三味線も
山車をひっぱるのも、みんなのご飯の配給も全て地区の人が分担して行います。
これは踊り子さんの髪の乱れをなおしているところ。
BlogPaint


娘は小さいのでまだ踊らないけど、特別に山車にのっけて頂いたり、
お姉ちゃんたちに抱っこしてもらって嬉しそうでした。
2年後の出番では娘も踊れるようになるかな。
BlogPaint
R0024613


暑かったし、突然の雨でずくずくになったりしたけど
自分が住んでいる地区のお祭りに参加して、
御近所さんたちと朝から晩まで山車を引いて回って楽しかったな~。

巡行中ずっとたべっぱなしで、カマボコやら、ビールやら
差し出さるままに、お腹に詰め込んでたらあんなに歩いたのに2日で2キロ太りました。
祭りは危険よっ(笑)。

関連記事
スポンサーサイト

Category : 小浜生活
Posted by あいぽん on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://aiaiaiai106.blog.fc2.com/tb.php/739-84dddc6c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。