うさぎ屋のひみつ | 福井で1歳5歳姉妹子育て中食いしん坊の日記です。コメントお気軽にどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by あいぽん on  | 

鴨鍋ナイト

お米を分けてもらいにいつものように
名田庄の中嶋さんのところへ行きました。

行く途中で見かけたこころ引かれる看板
R0025908

平田オリザさん来てはるんや! 
お話聞いてみたいなぁ。でも2歳児に演劇がテーマの講演会は
無理と思われるので諦めました。

名田庄は山深いところにあります。その昔応仁の乱から逃れた陰陽師たちが
京都から山越えして疎開してたらしく、陰陽師の資料を展示した暦会館があります。
夏でもここは少し気温が低いかんじがします。
やはり小浜よりもっと雪が降り積もっていました。
「もうすぐ餌のなくなった鹿が山から庭に降りてくる」と中嶋さんが
教えてくれました。

帰りがけ「これ持ってくか」と夏の間働いてくれた
合鴨のお肉(中嶋さんところは合鴨を使い完全無農薬のお米をつくっておられます)を
カチンカチンに凍らせたものを頂きました。
めーーーーーーーーーーーちゃうれしい! あいぽんお肉好きランキングは
1位鴨、2位ラム、3位以下鶏、豚、牛って感じだからです。

帰りの車中、頭は今夜の鴨鍋のことでいっぱい。
早速農協で小浜谷田部の地野菜「谷田部(やたべ)ねぎ」を
買いました。
R0025910


このネギwikipediaによると
・福井県の小浜市谷田部で栽培される葱である。
・ 一般的な葱よりも甘みが強く、柔らかいと言われる。
・葱の、白い部分が長く、曲がっている。
・一般的な葱よりも甘く柔らかいと言われている。
・冬場に降る雪によって甘みが増すと言われている。
・小浜市谷田部地区の地質がいいとされ、他の土地ではこのような甘みは出ないと言われている。

だそうです。

鴨鍋は引き算のお鍋やと思います。
白菜やらお豆腐やら
いろいろ入れたくなるのをすぱっと切り捨て
おだしは昆布とかつおで引き、具は鴨、ネギ、そばのみ。
鴨は固くなるのであまりぐつぐつ煮ずに
お鍋に入れた分を各自回収するかんじで進めます。
母にもらった舌が麻痺しちゃう、とびきり刺激的な粉山椒を掛けていただたきます。
R0025972

鍋を楽しみたいので、おかずは柿のなますにとどめておきました。
R0025973


翌朝の雑炊は鴨の姿は見えねど、しっかり味はしておいしゅうござんした。
中嶋さんありがとう。合鴨くんありがとう。

関連記事
スポンサーサイト

Category : うちごはん
Posted by あいぽん on  | 2 comments  0 trackback

-2 Comments

ぽん says..."No title"
1位鴨、2位ラム、異議なし!

私もちょっとクセのあるお肉で、レアなんを食べるのが好きです。

気張って雑草取りしてくれた鴨をよばれるのは可哀相な気もするけど、肉になってしもたら食欲が先! めちゃうまそうです。

しかもこの葱~ 葱・玉葱好きでもあるのでヨダレがPCに垂れまくってます(笑)




2011.12.29 11:45 | URL | #79D/WHSg [edit]
あいぽん says..."No title"
>ぽんさん

お肉ランキングご賛同いただけます!うれしい!!

お肉はクセ、レア加減がたまらんのですよね。



この葱やわらかくあまく、下仁田ほどではないど中から半透明の

葱ゼリーがでてきて大変おいしかったです。

でもこんなに美味しいものいただいたら

来年から私物欲しげな目をどう隠していいやら。

ポーカーフェイスの訓練をしようとおもいます。
2011.12.29 14:11 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://aiaiaiai106.blog.fc2.com/tb.php/783-a159ce3d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。